優良貸事務所の選び方【業務形態に合わせてプランを選ぶ】

MENU

閉店する場合

男女

設備を新しい借主に売る

居抜きとは借り主が設置した設備を一緒に新しい借り主に売却するもので、特に飲食店によく見られるものです。メリットとしては閉店オーナーにとっては原状回復義務を最小限にすることができることで、開店オーナーにとっては導入しなければならない設備を最小限にすることができるというものです。また設備の撤去と新設といった作業が不要なので閉店と開店の期間を最小にすることができるため店舗を貸すオーナーにとってもメリットがあります。一方で居抜き物件は設備を新しいオーナーに売却するといったものでありトラブルも起こりやすいものであることに留意しておく必要があります。ひとつは居抜き物件とするためには貸主に対して許可をとっておく必要があります。賃貸契約では原状回復義務が設けられているのが殆どで閉店するさいには、設備を撤去することが求められます。例え次のオーナーを見つけて来て、そのまま設備を売却して店舗の経営権を譲渡するといっても物件を保有しているオーナーがそれを認めなければ契約を結ぶことができません。このため今経営しているお店を居抜き物件として売却したい場合には事前の了解が必要です。また居抜き物件の難しいところは次の借り主を見つけることです。契約を解除するためには契約に基づき原状回復を行っておく必要があり、借り主が見つからないまま契約を続けてもその間の賃料が発生し続けます。このためお店を続けながら新しいオーナーを見つけなければならずタイミング的にはシビアなものになりがちですから、専門の業者と相談しながら新しいオーナーを見つける必要があります。

Copyright© 2018 優良貸事務所の選び方【業務形態に合わせてプランを選ぶ】 All Rights Reserved.